安心安全に受けられる健康診断代行サービスの探し方

会社などで行われる健康診断は、社員一人ひとりの健康状態が把握できる他、それぞれの社員にとっても仕事が忙しくて病院に行く機会がなかなかない中で、自分の健康状態を定期的に把握し健康管理に役立てることができるという点から、非常に重要な役割を担っています。しかし、様々な方法をとっている会社があるため、中には診断データの回収が事務方の負担になったり、各自で最寄りの医療機関で受診することを勧めているため、近くに病院がないため受診できない社員が出てきたりすることもあります。このため、受診機会のロスをなくすことや受診率の向上、効率的なデータ管理を目的に健康診断代行サービスを利用する会社も増えてきています。様々な会社がある中で安心安全に受けられるためにはどのような点に注意して探せばいいのかを見ていきたいと思います。

事業主にとってのメリットから考える

健康診断を実施したりその受診を促す事業者の立場からすると、予約申し込みや検診結果の回収、データ管理などの面でより効率的になるような会社を選ぶことが重要です。例えば各自で予約申し込みをし、確定した日時を担当者に伝えるという形をとっている場合は、連絡をしてこない社員がいる場合には担当者の手間になってしまうことがあります。また、検診結果の回収やデータ管理は全員が指定された日時に提出してこない場合もあったり、社員数によっては膨大な数のデータになったりするため、事務方の負担が増してしまう可能性も出てきます。このような部分を代行してもらうことができれば、検診業務に使っていて時間を本来の業務に使うことができたり、よりスムーズなデータ管理が可能になったりするので、それらを得意とする会社を選ぶと良いでしょう。

受診する社員のメリットから考える

受診する社員にとっては、健康診断は福利厚生の一環であることから、その内容が充実していないと会社に対する不信感を抱かれてしまうこともあります。そのようなことを避けるためにも、受診する社員にとってのメリットを考えて代行を依頼する会社を選ぶ必要もあります。例えば、近くに病院がなくて受診できないと言う社員が多くいる場合は、多くの地域に豊富な検診機関を持つ会社を選ぶようにすれば、受診機会を増やすことができます。また、多くの情報の管理をデータ化して行っている現在では、検診結果をデータで閲覧したいと言う人も多いですが、まだまだ紙の検診結果を渡しているところが多いのも実情です。データ化を外部委託するとさらにコストがかかってしまうため、検診結果をデータで管理している会社を選ぶことで、そのような問題も解決できます。